トップページへ

私たちの園

鳥取県育み協会加入園のご紹介
所在地:鳥取県米子市両三柳4612
定員:130名(0~5歳)
社会福祉法人 米子福祉会
加茂保育園
加茂保育園園長:森脇 智恵子 (もりわき ちえこ)

加茂保育園は昭和32年8月に開園(無認可)し、昭和50年4月に定員120名の認可保育所として開設。
平成29年5月29日新園舎が完成し、9月1日からは0歳児を受入れ0~5歳児の一貫保育として保育を運営。

社会福祉法人 米子福祉会加茂保育園は、「笑顔に出会える保育園」保護者と地域とともにを法人保育理念とし、一人ひとりの子どもをまるごと受け止め、安定して生活できる、ぬくもりのある保育園づくりをめざしています。
加茂保育園は、子どもたち一人ひとりの人権を大切にし、明るく豊かな人間形成をめざすことを保育目標としています。子ども一人ひとりが持っている力を発揮して遊び、成長していく場所として捉え、基本的な生活習慣を身につけながら友だちとの関わりや思いやりの気持ちを育てて生きたいと思います。
園の特徴として
☆体操・ランニング・散歩・泥んこ遊び・プール遊びなどで体力作りの保育。
☆食育指導・縦割りグループ活動・平和保育などで命や友だちを大切にする保育。
☆リトミック・絵本の読み聞かせ・作品展などで創造力・表現力・聞く力・リズム感を養う保育。
☆よもぎだんご・ちまき作り・お月見集会・餅つき・ひな祭りお茶会などで季節を感じ伝統を大切にする保育。

社会福祉法人米子福祉会が運営する加茂保育園の園舎は、住宅街の中にあり設立から45年間、地域の保育園として存在しています。保護者の中には、加茂保育園を卒園された方も何人もおられ、親子2代通って来られます。そういった年代を重ねた園舎に温かみを感じながら、平成29年5月29日に園庭に新園舎を完成させました。新園舎完成に伴い、0歳児の保育が出来るよう保育室にオムツ室や調乳室を設けて9月1日から受け入れる体制を整え利用定員も120名から130名に増やす予定です。現在132名の園児が在籍しております。
森脇園長は、子どもたちにとって居心地のよい場所となり保育園が大きな一本の木になるよう願いをこめ園舎に木のイラストを描きました。保護者や子どもたちの憩いの場所となり親しみがもてるよう、クラス名を「そら、おひさま、ことり…」とつけました。また、職員間のコミュニケーションを大切にし、毎朝出勤する際は、各クラスを回りあいさつすることを心がけたり、夏祭りの企画・準備の際は、他のクラスの職員が関わり合えるよう取り組んでいます。パート職員も積極的に保育に関わり職員が一体となって楽しく保育することで、子どもたちのたくさんの笑顔に出会える保育園となり、みんなで力を合わせて笑顔あふれる保育に取り組んでいきたいと思います。

《子どもが明るく豊かな人間形成の基礎の育み》
隣が加茂小学校で、保育園の園庭から小学校のグラウンドが見えるので、小学校への憧れや小学校生活の育みを身近に感じながら園生活が過ごせる環境であります。また、住宅街にある園ですが近くには弓ヶ浜公園があり、子どもたちのお気に入りスポットになっています。その公園からほんの少し足を伸ばすと…そこはもう海!波打ち際ではしゃいだり、砂山を駆け下りたりと、恵まれた自然の中での遊びが子どもたちの様々な育みを豊かにしています。
また、仲良しグループ活動に力を入れており、毎月の仲良しデーのほか、天気のいい日は各クラスの異年齢児が誘い合って散歩に出かけたりします。
園を知る3つのポイント
   
仲良しグループ

毎月仲良しデーを設け、3,4,5歳児が各年齢別に3名1グループをつくり、誕生会や散歩、すいか割りなど一緒に遊び、お別れ会はお互いがプレゼント交換もしています。

地域との関わり

近くに小学校、陸上自衛隊、米子クリーンセンター、弓ヶ浜公園などがあり、交流したり見学したりしながら子どもたちがいろいろな出会いから興味、関心をもちそれぞれの思いを感じながら成長しています。

施設環境への思い
子どもたちが自ら主体的に遊べる空間を意識し、隠れ家やのぞき窓を設けました。保育室のドアやテラス、絵本スペースなどは自然と会話が出来るようなつくりを意識しました。