トップページへ

私たちの園

鳥取県育み協会加入園のご紹介
所在地:鳥取県鳥取市津ノ井246-1
定員:110名(0~5歳)
社会福祉法人 鳥取福祉会
幼老複合施設 津ノ井保育園
幼老複合施設 津ノ井保育園園長:宇山 麗子 (うやま れいこ)

津ノ井保育園は平成26年4月に鳥取福祉会が受託し、平成27年11月24日現在の場所に新築移転。
平成28年1月10日竣工し定員90名で、アクティブ津ノ井と併設、幼老複合施設として開設。

社会福祉法人 鳥取福祉会「津ノ井保育園」は、県内でもめずらしい幼老複合施設で運営されています。少子高齢化や核家族化が進む中、高齢者と子どもが関わりあう異年齢世代の交流が少なくなっているのが現実です。
そのような現実の中、園児と高齢者がふれあえる環境の基、社会性を培いながら遊びの中で学び合い健康な体づくりをお互いが相乗効果を得られるよう目指しています。広々とした室内空間と採光に配慮した明るい園舎で、地域の方や高齢者に見守られながら、いきいきと活動し心豊かでたくましい子どもを育成しています。
年間行事の七夕まつりや収穫祭などは、高齢者と一緒に楽しみながら思いを共有し、人と人とが関わり合い成長する大切さを実感できる生活が津ノ井保育園には存在します。

社会福祉法人鳥取福祉会が運営する津ノ井保育園は、併設する機能訓練型デイサービス・アクティブ津ノ井と扉一枚で行き来の出来る幼老複合施設です。
園児は0歳から5歳児までの定員一一0名です。現在一二五名の園児が在籍しています。園舎は広々とした室内空間と採光に配慮した明るい園舎で「あつまれホール」には、子ども達の好奇心をくすぐるロフトが設置されています。お隣の高齢者施設アクティブ津ノ井も和モダンを基調とするおしゃれな空間になっており、毎日20名程度の利用者が園庭で遊ぶ子どもたちを見守りながらトレーニングを楽しむ事が出来ます。

津ノ井の周辺地域でも祖父母と同居の家庭が少なくなり、今後ますます核家族が多くなる中、津ノ井保育園のような幼老複合施設でなくても様々な形で、地域と共に育む生活からの子育てを培っていくことは、大切なことだと改めて感じました。

《園児と高齢者がふれ合い相乗効果》
高齢者施設と併設しているので、子どもが園庭で遊んでいると、施設の利用者の温かい見守りがあり、縄跳びや鉄棒が出来るようになったことを認め肯定する姿は、継続的な関わりがあればこそのエピソードだと思います。逆に子どもから高齢者を見守る姿も見られ、高齢者が滑り台に挑戦し葛藤する姿を子ども達が応援する言葉も聞かれ、お互いが認め合い助け合いながら生活することが、とても大切な体験を幼児期に育んでいることを感じました。

また、高齢者の得意分野を子どもたちに伝えることもあり、保育園の行事に高齢者が得意なハーモニカなどの楽器を披露する機会を作っておられます。菜園活動をする際も、野菜作りが得意な方に育て方を教えてもらいながら、菜園つくりを体験することで、日常の保育の中から知識や経験を育むことに日本の教育文化を感じる事ができます。
園を知る3つのポイント
   

「遊びの中で学びあう」
身近な自然や環境と触れ合いの中で様々な事象に興味・関心をもち好奇心や探求心、自らかんがえようとする力を育てます。

「人とかかわる力」

友だちや保育者、様々な人との交流を通して人とかかわることの楽しさを味わい、きまりの大切さに気づいて、守ろうとする力を育てます。

「元気なからだ」

体を十分に動かし気持ちよさを感じることを通して、健康な心と身体を育てます。生活に必要な習慣や態度を身に付けます。